かつての豪華列車が朽ち果てた状態のまま眠る。ベルギーの線路上で風化していくオリエンタル特急列車

1883年、国際寝台車会社によって運行が開始されたオリエント急行は、優雅で贅沢な列車の旅の象徴として当時人々の羨望を集めていた。だがより速く安価で移動できる高速列車や旅客機の台頭により、2009年にその運行を終えた。

とは言え旅のニーズが多様化する昨今では、そうしたクラシックな車両の旅を求める人々もいる。ベニス・シンプロン・オリエントエクスプレスは、1920年代~1930年代に製造された車両からなる贅沢な観光列車だ。レジャー会社のベルモンドが運行しており、同社は新品同様に修復されたクラシックな列車で満喫するグローバルな旅を提供している。

だが第二の人生のチャンスを与えられる列車はほんの一部に過ぎない。脚光を浴びた現役時代を終え、人知れず腐食が進んで風化していく車両は無数にあるのだ。

これはベルギーで遺棄されたオリエント急行の列車の現在の姿だ。

1.
1_e

image credit:Urbex.nl

2.
2_e

image credit:Urbex.nl

3.
3_e

image credit:Urbex.nl

4.
4_e

image credit:Urbex.nl

5.
5_e

image credit:Urbex.nl

6.
6_e

image credit:Urbex.nl

7.
7_e

image credit:Urbex.nl

8.
8_e

image credit:Urbex.nl

9.
9_e

image credit:Urbex.nl

10.
10_e

image credit:Urbex.nl

11.
11_e

image credit:Urbex.nl

12.
12_e

image credit:Urbex.nl

13.
13_e

 

 

 

 

 

 

 

 

引用元:http://karapaia.livedoor.biz/archives/52222479.html

関連記事

return top