【今年も読めねぇ~】2016上半期キラキラネームランキングが発表され話題にwww

赤ちゃんの名づけサイトとして人気の「赤ちゃん名づけ」が、2016年上半期キラキラネームアクセスランキングを発表しました。

今期もやはり、キラキラの名に恥じない?難解ですぐには読めない名前が並んでいます。

まずは、上位5位までをご紹介しましょう。

2016年キラキラネームアクセスランキング ベスト5

第5位は「妃(ひな、きらり など)」

キラキラネームではおなじみの漢字ですが、「ひな」「きらり」はさすがに当て字ですよね。女の子らしい、よくある名前ではあるので、読める人も多いかも。

第4位は「輝星(べが、だいや など)」

これは読めません!何で輝星で「べが」なんでしょうか?たしかにベガは、こと座で最も明るい恒星ではありますが、別に「しりうす」でも「すぴか」でも「りげる」でも良さそうです。あと「だいや」に至っては想像もつきませんね。ダイヤモンドは星ではありませんからね。

第3位は「奏夢(りずむ など)」

これはまだ、わかりやすいキラキラと言えそう。読み方を聞いて何となく納得はできる気がします。でも普通なら「そうむ」ちゃんかな?

第2位は「星凛(きらり、あかり など)」

綺麗な漢字をふたつ並べて、可愛い読み方にしてみました、っていう感じの贅沢ネーム。確かに2位という風格を感じます。これからしばらく上位になりそうな感じですね。ちなみに2015年も年間2位でした。

堂々の第1位は「碧空(みらん、あとむ など)」

2015年の皇帝(しいざあ)君(今年11位)から1位の座を奪ったのは、人気の「碧」と「空」を組み合わせた「碧空」君。しかし、読み方はもう斜め上!

「みらん」も「あとむ」もどこから来た読み方かわかりません。「あとむ」の方は、何となく意味はわかるような気がしますが…。

2016年キラキラネームアクセスランキング ベスト30

23251_02

なお、このランキングはサイト「赤ちゃん名づけ」に掲載されている名前の例のなかで、アクセスが多かったもの。決して実際につけられた名前ではありません。

色々ご批判もあるかもしれませんが、日本語の奥深さ、発想力の豊かさも感じられて、楽しめる情報ではあるかなと思います。皆さんはどう思われましたか?

 

 

 

 

 

 

 

引用元:http://mizunews.jp/

関連記事

return top