【衝撃の末路】この裁判の判決と理由がヤバイ!!超高級腕時計メーカーの「フランク・ミュラー」が日本の「フランク三浦」訴えられた結果wwwww

448

   

スイスの超高級時計メーカー『フランク・ミュラー』が、 ドン・キホーテなどによく売られているパロディ時計『フランク三浦』に訴えられました。 その結果をお知らせいたします。 訴えの内容は、端的に言うと 「『フランク・ミュラーをパクったから商標を取り消す』という判断を取り消してほしい」というものでした。 この訴訟の詳細と衝撃末路は・・・・

両者を比較

まずは両者を比較してみましょう。『フランク・ミュラー』はスイスのブランドで、世界最高峰の高級時計メーカーと言われています。 高いものだと、数千万円以上の値段で売られているそうです。世界の多くのお金持ちの方々にも愛用されているセレブブランドだそうです。 一方『フランク三浦』はその名前から想像がつくように、『フランク・ミュラー』のパロディブランドです。響きもまぁまぁ似ていますね。日本のドン・キホーテなどで4,000円ほどで売られているそうです。ちなみにアマゾンなどでも購入できるのだとか。 そんな日本のパロディブランド『フランク三浦』が、スイスの超高級時計メーカー『フランク・ミュラー』を訴えました。では続いて、裁判の詳細についてご紹介いたします。

知財高裁での訴訟

まず特許庁に、フランク・ミュラー側が「ミュラーへの『ただ乗り』だ」としてフランク三浦の商標登録を取り消すよう申し立て、これを特許庁が受理しました。知財高裁の訴訟でもミュラー側は「語感が極めて似ている」「信用や顧客吸引力への『ただ乗り』目的だ」などと主張していました。 これに対しフランク三浦を商標登録した大阪市の会社が、商標を無効とした特許庁の判断を取り消すように提訴したのです。すなわち、フランク三浦がフランク・ミュラーを訴えたという形ですね。 この裁判の模様が4月12日の知財高裁で行われました。さて、パロディVS超高級時計メーカーの裁判の勝敗はどうなったと思いますか・・・?

意外な展開!

裁判の結果、鶴岡稔彦裁判長は「イメージや外見が大きく違う」として、フランク三浦側を勝訴とする判決を下しました。パロディが認められたということです。 判決では、「呼称は似ているが、外観で明確に区別できる」と指摘し、「多くが100万円を超える高級腕時計と、4,000~6,000円程度の低価格商品の『三浦』を混同するとは到底考えられない」と述べました。まさかの高級時計メーカー”フランク・ミュラー”側の敗訴となったんですね。 ちなみに現時点で、フランク・ミュラー側からのコメントは出ていません。一方フランク三浦の製造会社は、「大阪のお笑い時計と、高級時計を混同するわけがない。正当な判決でホッとしています」とコメントしています。あなたはこの裁判の結果についてどう思いますか?   引用元:http://mizunews.jp/事件・事故/【衝撃の末路】この裁判の判決と理由がヤバイ超/

広告

続きはこちら♪

 - 総 合