【衝撃動画】妊娠発覚後ガンを宣告された妻。妻の決断は夫の気持ちを無視するものだった・・・※実話です!動画あり

443

   

皆さん、自分の命とお腹の我が子の命、どちらかを選ばなくてはならなくなった時・・・
どちらを選びますか?

どちらも選べない・・・
そういう人も多いかと思います。

そんな『とある母親のお話』をご紹介します。

皆さん、自分の命とお腹の我が子の命、どちらかを選ばなくてはならなくなった時・・・
どちらを選びますか?

どちらも選べない・・・
そういう人も多いかと思います。

今回ご紹介するのは、そんな究極の選択を迫られたある夫婦の実話を元に作られたCM。

このCMはタイのワコール社が制作しており、命について考えさせられると大きな反響を呼びました。

今回、そんな『とある母親のお話』をご紹介します。
 

th_1

ある日、夫婦は究極の選択に迫られます。
それは、自分の命と子どもの命。

長年の夢だった赤ん坊を授かった夫婦。

しかし、医師の話を聞く2人の表情は曇っていました。

th_2

医師からは、

「できるだけ、早く決断をしてください」

病院でそう言われ、絶望の淵に立たされた夫婦。

そう、彼らは出産にあたり、残酷でとても選べないような決断を迫られていました。

th_3

判断に迫られ、鬱々としていた日々の中、ひとり立ちすくむ女性。
その視線の先には、組み立てる直前のベビーベッド。
生まれくる子どものために、準備していたのでしょう・・・

th_4

夫に声をかけられた女性は無言でうなずきます。
どうやら夫婦の間で決断を下したようです。

そして、6ヶ月の月日が流れ・・・

th_5

予定日をまもなくとある日、ついに破水を迎え、激しい陣痛に襲われながら女性は病院へと搬送されます。

th_6

ベッドに横たわる女性の隣には、心配そうに妻を見守る男性の姿があります。
彼の脳裏に浮かんでいたのは、6ヶ月前に医師より宣告を受けた日のことでした。

あの日、医師より判断を迫られたのは、がんの治療について。

女性に残された道は2つ。

1つは、

『化学治療を行い、ガンの治療をすること』

そしてもう1つは

『治療を行わず、赤ちゃんを出産すること』

ガンの治療を行った場合、産まれてくる子どもは生涯を抱えている可能性があります。
そして、最悪の場合、死産の可能性も・・・

しかし、治療を行わければ、ガンの症状に苦しみ、出産を待たず自分が死んでしまうかもしれない。

この究極の選択を、夫婦は医師より迫られていたのです。

そして夫婦が選んだのは・・・

治療を行わず赤ちゃんを出産すること。

そう決断したあの日、彼女は産まれてくる赤ちゃんのためにベビーベッドを組み立て始めました。

th_7

治療を行わないことを決意した彼女は、毎日襲いかかる辛い症状と闘います。
それでも彼女は産まれてくる我が子のために、おもちゃを買い、育児の勉強を励み続けてきたのです。

th_8

そして、苦難を乗り越えた彼女は、無事に出産を終えます。

愛しい我が子を抱えながら、この子の将来を考えているのでしょうか。
彼女はとても幸せな表情を浮かべています。

一方、夫は暗い表情のまま・・・
そんな夫に彼女は赤ちゃんを託します。

そして車椅子で運ばれて行きます。

th_9

その先は『化学治療室』

これから彼女はガンの治療に専念するのです。
出産までの間、彼女の体を蝕み続けてきたガンは、かなり進行しているでしょう。

それでも彼女は赤ちゃんを出産し、満面の笑みを浮かべていました。

th_10

自分の命よりも赤ちゃんの命を選んだ母親。
しかし、夫はそれを受け入れきれずにいるのでしょうか・・・

母親の我が子を思う気持ちに、胸が締め付けられますね。

いかがでしたか?
これは実話を元に作られたCMです。
きっと、この母親の決断に多くの人が涙したのではないでしょうか。

自分の命と子どもの命を天秤にかけた場合、決して簡単なことではなく、とても苦悩することでしょう。

その後、彼女はどうなったのかわかりません。
3人で笑顔で暮らしていることを心から願います。

 

広告

 - 総 合